頼る人がいなくても平気

アダルトチャットとアフィリエイトで生活にゆとりが出来る。

 アダルトチャットって稼げるけれどけっこう孤独なお仕事です。私には同業者でブログがきっかけでやり取りしている友人が数人います。情報交換したり愚痴を言い合ったり、やっていることは一緒なので打ち解けて話ができる仲間ですね。その中にシングルマザーが2人いて子育ての話をよくするんですよ。早くして夫が亡くなった未亡人のT子さんと高校生で未婚の母になったN子さんから許しを得て、彼女らの体験を本記事に書かせていただきました。
 彼女らはシングルマザーでは考えられないほど収入が多いだけでなく、子育てを楽しみつつ日々の生活が充実しています。当記事を読めば将来に不安を抱えた単身女性であっても、子どもを育て上げ楽しく生きていくビジョンが見えてくるのではないでしょうか。

遺産ゼロからのスタート、今は年収8百万円。〜T子さんの例〜

ある日突然、専業主婦が未亡人となる。

 パチンコ屋に勤めていた旦那さんが脳卒中で倒れ、そのまま帰らぬ人に・・・。子育て世代で遺産は少なく借金を返してプラスマイナスゼロだったことがせめてもの救い。とりあえず旦那さんが常連だった飲食店に雇ってもらいました。馬車馬のように働いても時給780円では小学生の子ども二人を養っていくのは厳しく、一時は風俗店で働くことを考えました。

アダルトチャットとの出会い

 ネットを使ってお仕事を探していて偶然見つけたのがDXLIVE。風俗店は勤務時間帯が子育てと重なるので、アダルトチャットのほうがやりやすいと思ったそうです。思い切って飲食店の仕事を減らしてもらいアダルトチャットで頑張ってみることを決意しました。
 T子さんは当時30歳なのに老け顔。スタイルもぽっちゃりで容姿に引け目を感じていたそうです。ところが、清楚で艶っぽくて男性の食いつきが良く、すぐにブレークしてしまいました。男性の好みって女性にはわかり難いものですよね。

アフィリエイト中心の生活に

 ブレークしたときにT子さんは「お客様はどこから来るのか?」というアダルトチャットの仕組みそのものに興味があって、お客様に聞いたりしていろいろ調べたそうです。その結果アフィリエイトサイト経由で訪れるお客様がいて、アフィリエイトでもお金が稼げることを知りました。それで始めたのがDTIアフィリエイトプログラムです。ここを皮切りにSBSアフィリエイトプログラムTMPアフィリエイトプログラムにも参加して、アダルトアフィリエイトサイトを次々に作っていったそうです。その結果、アダルトチャットよりもアダルトアフィリエイトのほうが面白くなってきて、毎月七十万円程度のアフィリエイト収入があるとのことです。現在はアダルトチャットはお休みして、アフィリエイト中心の生活になっているとか。
参照:女性に贈るアダルトアフィリエイトのススメ

子育てと老後の不安
頼りになる人が亡くなったらどうしますか?

 T子さんは専業主婦だったので苦労を味わったようにも見えますが、それは違うと思います。サラリーマンだったとしても、独りで子育てと仕事を両立させるのはとても難しいことですよね。アダルトチャットやアフィリエイトをやる意味は「自分の自由になる時間を作り出す」ということにあります。「転ばぬ先の杖」として生業のほかに副業を考えている人にもぴったりの仕事といえるでしょう。

今、解雇されたらどうなるのでしょうか?

 旦那さんが急死しなくとも、事情があって失業することがあります。経済的な困窮は将来に暗い影を落とします。誰でも老いて段々自由が利かなくなりますので、経済的な拠り所を堅ろうにしておきたいものですね。

頼る人がいなくても子どもを一人前に育て上げる。〜N子さんの例〜

 17歳のとき見知らぬ男にレイプされ妊娠。周りからの重圧を撥ね退けて出産に至ったN子さんは、本当の意味で「その子にとってのかけがいのない母」です。人格的にとても尊敬できる苦労人です。

他人に裸を見られるのが嫌い

 アダルトチャットでは他人から言葉で服を脱がされるわけですね。N子さんはレイプがトラウマとなり、病院の診察でさえも裸にされることに抵抗があったそうです。そういうN子さんが何故アダルトチャットを始めたのでしょうか。
 実は、たくさんお金が稼げるという理由で以前はお触り系のキャバクラに嫌々ながら勤めていました。子どもを養わないといけないので仕方がなかったのですね。それに比べるとアダルトチャットは天国のようなもので、性的サービスをするかどうかの決定権は自分にあるから割り切ることができるのだそうです。自分を安売りしなくて済むし、逆にトラウマを解消して幸せな結婚をしたいからあえてアダルトチャットをやっているということです。

もしもアダルトチャットがなかったら・・・

 もし、アダルトチャットがなかったら生きていけなかった・・・。これがN子さんの本音です。もちろん、アダルトチャットが天職という意味ではなくて、生活の基盤が整ってトラウマを解消するまでのツールという意味です。チャット歴が3年で貯金が1千5百万円増えて、暮らし向きもだいぶ整ったそうです。子どもが4歳になり周囲の目も優しくなってきたので、そろそろアダルトチャットを離れて昼間の仕事1本で頑張ってみようと思っているそうです。子どもに理解のある旦那さんに巡りあえるように、結婚相談所にも入会しているとのこと。

取材を終えて

 彼女はお客がたくさんついてくる魅力ある女性です。それよりも、子どもの幸せを願う気持ちが半端ではなくて、目的のためなら嫌なことでも高いクオリティできっちりこなします。お触りキャバでも辞めるまでの半年間成績トップの座を維持していたようです。
 彼女が好んで使う言葉は「石の上にも三年」です。最後に彼女が締めくくった言葉をそのまま書きたいと思います。

高校は2年ちょっとしか行けなかったけれど、ライブチャットを3年続けてトラウマが消えて考え方も明るくなれました。継続すると道が開けるものですね。

N子さんならたいていのことは乗り越えていけると思います。

 

>>DXLIVEのお仕事TOPへ

page top