SNSでお小遣い稼ぎ

私はモンローをやっています。

出会い系は恨まれる。

 女性がネットで出来るお仕事として、出会い系サイトというジャンルがあります。女性と出会ってエッチしたいという男性とサイト内でメール交換するお仕事・・・いわゆるサクラですね。いくらメールしても結局出会えないので、最終的に男性は不満を抱えて退会していきます。これって詐欺みたいなものですよね。
 私は出会い系だけはやる気がしません。ちょっと変と思われるかもしれませんが、亡くなった祖母から「他人から恨まれるようなことをやっていると地獄に落ちる」と言い聞かされていたのでそう思っているのです。副業といえども誰かのためになるもの、「私、この仕事をしています」と言えるものがいいと思います。やるんだったら相手に対価を与えられるものでないと後ろめたくありませんか?

モンローのお仕事


>>ブログ書くよりも簡単!

 ライブチャットのお仕事の合間にモンローを始めるようになりました。私という人となりに興味を持ってくれる方に、プライベート写真・動画・テキストで私生活の内容などを提供してモンロー側から対価が得られます。

 ライブチャットは生出演しないと成り立たないお仕事ですが、その点モンローは日記や写真の公開ですので両立が可能です。やってみるとモンローのようなSNSコミュニケーションのほうが、女の子にとって気軽にできるような気がします。ライブチャットはお客様と接している拘束時間そのものが稼ぎとなりますが、モンローはサイトに文章や写真を公開さえしておけばそれを見に来たお客様によって自分にお金が入るシステムです。
 パソコンの前に張り付いている必要が無く、仕事場所を選びません。自分の都合の良い時刻にスマホから記事や写真をアップすることも可能ですから…。自分のファンを増やしてその方々とメールなどで交流すればお金になるのです。

ライブチャットと同じ点

自分の都合よい時間帯に仕事ができる

 モンローのほうがさらにこの点が顕著です。ライブチャットでは生出演のためお客様に合わせる必要も出てきますが、モンローはレスをタイムリーに返す以外は拘束されません。

割の良い仕事

 お客様と実際に会うことはありません(自分が望まない限り)。リスクはほとんどなくお客様さえつけば高収入が得られます。

ライブチャットと異なる点

PCやウェブカメラが必須ではないこと

 日記やメールが主で、生ライブする必要がありませんからウェブカメラは要りません。また、パソコンでなくてもスマホとかタブレット端末があればどこからでも更新が可能です。

表現手段の自由度は高い

 もちろん、自分の魅力をより具体的に伝えるためにビデオカメラで動画を作り、パソコンで編集してアップすることは自由です。ウェブカメラを使って音声チャットやビデオチャットみたいにすることも可能です。

表現力は必要

 ライブチャットの場合、お客様とのファーストコンタクトとして自分のルックスやボディの魅力が大きく影響します。一方、モンローでは貼る画像やテキストで如何に興味を持ってもらえるかが問題になります。その場合にエッチな文章や表現力は必要です。どんな画像を載せてどんな日記を書くかで客層や売上が大きく変わります。

モンローを体験して

 始めてから半年でモンローの報酬は20万円/月を超えました。ライブチャットのほうが稼げる額が多いですけれど、時給換算だとライブチャットよりも2倍ぐらい良い感じですね。ライブチャット同様、本質的に女性に関心がある方がお客様となります。どちらが楽かと言うと肉体的な負担はモンローのほうが軽いですね。モンローのほうが頭脳労働みたいな感じです。今後はモンローでのお仕事の比率を高くしていこうと思っています。

方向性

 詳しいところは書きませんが、他の女性と違う方向性を出していったら見に来てくれる人が急に増えました。ライブチャットでは身体をいっぱい見せますので世間話やエッチ以外の話が半分ぐらいでバランスを取っています。しかしモンローでは身体をあまり見せませんので、初めての方にはエッチな話題を前面に出して常連さんとは色々な話題でそれぞれオリジナルを打ち出しています。モンローも女性としての魅力を磨けるし、自己表現の場としてやりがいがあります。

 

>>モンローのお仕事の詳しい案内へ

page top