深夜のアルバイトとアダルトチャット

「深夜の飲食店労働」とライブチャットではどちらが良いでしょうか?

 チーママ時代のつながりで「この子の相談に乗ってあげてくれない?」みたいな頼まれごとがたまにあります。もちろん見返りとか期待しないですけれど、依頼者が美味しいお店に後で連れて行ってくれたりしますね。先日はホステスをやめて居酒屋・ファミレスを転々とする女の子の相談に乗ってあげました。

楽に稼げる仕事がしたい。

 職歴を尋ねたところ高校を卒業→事務員(人間関係で行き詰まる)→ホステス(人間関係で行き詰まる)→深夜ファミレス(給料がもっとほしい)→居酒屋(人使いが荒い)→他の居酒屋・ファミレスを転々→現在無職。自分にできることで、なおかつ稼げる仕事が見つからないとのことでした。
 この女の子は美人というほどではないけれど、色香があって男受けしそうなルックスです。「ホステスの頃、あなたお店でモテたでしょう?」と尋ねると、「モテすぎて職場で虐めに遭った」とのこと。「女を捨ててやれる仕事なら続くかも」と思ったので居酒屋とかファミレスを選んだそうです。でも、ホステス時代の高給だったころが忘れられないジレンマに陥っていると胸の内を明かしてくれました。

○○に職を付ける。

 話し込むうちに「なぜお金が必要か」話してくれました。それは、若いうちに「頭脳に職を付けたい」のだそうです。よく手に職を付けるとか言いますけれど、要するに弁護士か司法書士になりたくて「受験に没頭する間の資金」を稼ごうと思ったとのことでした。下請け職人の家庭に育ち「手に職を付ける意味」や仕事を取ってこないと食えなくなる苦労はよくわかっている。自分は女なので肉体労働よりも頭脳労働者を目指したいとのことでした。

受験勉強しながらお金も稼ぐ道

 「頭脳に職を付けるための準備資金を得る」という彼女の想いが叶うように、ライブチャットのお仕事を紹介してあげました。ライブチャットなら短時間でたくさん稼げるし、合間に受験勉強だってできるからちょうど良いのではないかと思いました。特に彼女のように職場で虐めにあってトラウマみたいになっている女性が、仕事をできずに埋もれているのはもったいないことだと思います。彼女の場合、期限を切ってライブチャットを始め半年かかって「三年分の資金の準備ができた」と報告を受けました。その後の音信は途絶えているので、法律家の試験がどうだったのかはわかりませんけれど・・・。

page top